ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

見捨てられた神 (マルコ15:33~41)

メッセージ
2018年3月25日富里キリスト教会
「見捨てられた神」
(マルコ15:33~41)
1. エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ

「昼の12時になると、全地は暗くなり、それが3時まで続いた。3時にイエスは大声で叫ばれた。『エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ』これは、『わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか』と言う意味である。そばに居合わせた人々のうちには、これを聞いて、『そら、エリヤを呼んでいる』と言う者がいた。ある者が走り寄り、海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付け、『待て、エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見ていよう』と言いながら、イエスに飲ませようとした。しかし、イエスは大声を出して息を引き取られた。」(マルコ15:33~37)

Jesus Christ fell on his way many times on the shoulder of the cross for the hill of Calvary. As Jesus arrived at execution place, he was nailed on his hand and foot and stood bearing the pain of his hand and foot. He has been on the cross from 9 am. to 3 pm. And his last breath was 3pm.

この最後に言われた「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」という言葉は、当時のアラム語です。ユダヤ人の使っていたヘブライ語と少し似た言葉ですが、発音が違います。マタイによる福音書の方は、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」と言うヘブライ語の発音になっています。意味は「わが神、わが神、なぜ私を見捨てられたのですか?」と言う意味です。イエス様は、神から遣わされた神の一人子であり、子なる神そのものです。イエス・キリストも神です。そのお方が、なぜわたしを見捨てられたのですかと十字架の上から叫びました。

この父に見捨てられるということほど、つらいことはないでしょうか。子供であれば、余計、父親から見放されたということほど孤独でさびしいことはありません。この十字架刑と言いますのは、当時では最も残酷な死刑の方法だったと言われています。日本でも磔の刑と言うものがありましたが、それは十字架の上に手足を縛って、やりで突き刺して一瞬のうちに死に至らしめるというものでした。でもこのローマの十字架刑は、手足を釘で打ち付けて、すぐには殺さないで、何日も十字架の上で苦しませて、十分に苦しみと痛みと渇きと辱めを与えたうえで死に至らしめるという非常に残酷な方法です。

My father on the earth taught me the dignity of heavenly father through his patience to endure a lot of things, and further more my father on the earth taught me the pain of Jesus on the cross through his sufferings on his hospital bed at his last day. My father suffered from his cancer at the hospital and had a death. I think that the suffering of Jesus’cross is greater than the suffering of my father.

そしてふと思ったことは、イエス様も確かに苦しいです。でもその愛するわが子の十字架の苦しみを天上でじっと見ておられたお父様の気持ちも思い出しました。本人もそうですが、わが子の苦しみを見なければならない父親の気持ちはどんなだったでしょうか。天のお父様も、イエス様以上に苦しんでおられたのではないでしょうか。できれば今すぐにでも助けの手を差し伸べてあげたい。親ならだれでもそう思います。

あの「父の涙」を歌う岩淵まことさんの歌詞の通りですね。「父が静かに見つめていたのは、愛する一人子の傷ついた姿。人の罪をその身に背負い、父よ彼らを赦してほしいと、十字架からあふれ流れる泉、それは父の涙、十字架からあふれ流れる泉、それはイエスの愛。」イエス様は十字架の上で苦しんでいますが、それにもましてわが子の苦しみをじっと見てなければならない、天の父なる神様の目からも涙があふれていたのではないかと言うのです。

ここにイエス・キリストの十字架に示された、神の大きな愛の源があるのです。十字架からは神様の愛とイエス様の恵みの泉が豊かに湧き出て流れ出ているのです。(タペストリーの絵)イエス様が最後の最後まで苦しみ通されること、その苦しみによってわたしたち人間の罪が贖われ赦されるのです。ですからイエス様はどこまでも苦しみぬかれ、完全に最後の最後まで父から見捨てられなければなりませんでした。父もそれを知っていましたから、最後まで救いの手を差し伸べなかったのです。

Jesus cried out “Eloi, Eloi, lama sabachthani ?”.-which means “My god, My god ,why have you forsaken me?” Jesus was forsaken by the heavenly Father. There is nothing painfully missing and deserted from the heavenly Father. On the contrary it will not be saddened by the father who sees his child suffering on the cross. Jesus who is suffering on the cross and Father who is seeing suffered child on the cross, both of them were suffering for the sins of all mankind. So much God loved the world that He sent his loved only Son. Here is the source of God’s love. Even now the stream of God’s love and Jesus’s grace flows from the cross to all over the world.

当時の死刑執行に当たっては、痛みを和らげるために特別にモルヒネ入りのぶどう酒が、罪人に与えられました。でもイエス様はそのモルヒネ(没薬)入りのぶどう酒を受けませんでした。(15:23)どこまでもしらふで麻酔なしで、痛みと苦しみを自分の肉体に受けて、死の間際までその償いをしようと決意していたのです。最後の臨終が近づく時まで、ぶどう酒を口にしませんでした。

周りを取り囲んでいた人が、いよいよ苦しみが最高点に達して、エリヤが最後に助けに来るのを見極めようとしました。しかし、とうとう最後の最後まで、だれも助けるものはなく完全に神に見捨てられた形で死を迎えたのです。最後の言葉をマルコは「大声で叫んだ」(15:37)と記していますが、ルカの方では「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」(ルカ23:46)と言い、ヨハネの方では「成し遂げられた」(ヨハネ19:30)と言って息を引き取っています。
イエス様は完全にこの十字架の上で、全人類の罪の代価を支払われたのです。最後の最後まで、苦しみを通して、完全に贖い取られました。それが「成し遂げられた」と言う最後の言葉ではないでしょうか。

2.神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた

そして、このイエス・キリストの死の直後に起こったことを聖書は記しています。大きな地震が起こりました。そして死んでいた聖徒たちが、墓から生き返って出てきたということがマタイに記されています。(マタイ27:51~53)そして共通して起こったことは、「神殿の垂れ幕が、上から下まで真っ二つに裂けた。」(マルコ15:38)ということです。この神殿の垂れ幕とは、聖所と至聖所を区別している幕で、この至聖所と言う神様がご臨在している場所には、誰も入ることできませんでした。ただ年に一回大祭司が贖いの日に入ることが許されていた場所でした。

しかし、今やこのイエス・キリストの十字架の死によって、神と人間を隔てていたあの分厚い神殿の垂れ幕が、上から真っ二つに裂けてしまったのです。と言うことは、イエスの十字架の死によって、人間と神との隔ての幕がなくなったということです。代わりにイエス・キリストの十字架で流された血潮と裂かれた肉体を通って、神との交わりをすることができるようになったのです。罪ある人間が、キリストの体と血を通して神の前に堂々と出ることができるようになったのです。それがこの神殿の幕が裂けたということの意味です。さらに言うならば、この礼拝が、キリストの体を通して神と相まみえることができるようになった新しい霊的な礼拝なのです。

「わたしたちは、イエスの血によって聖所に入れると確信しています。イエスは、垂れ幕、つまり、ご自分の肉を通って、新しい生きた道をわたしたちのために開いてくださったのです。」(ヘブライ10:19)と聖書にあります。

しかも、ここには「上から下まで」と言う言葉が入っています。つまりこの神への道と言いますのは、人間が下から上に登って行く人間からの道ではなく、神様が作ってくださった上から来た道を通ってしか行くことができないということです。つまり、啓示の道です。啓示された神であるイエス・キリストを通ってしか行くことのできない道なのです。お父様が、啓示する神であり、イエス様が啓示された神なのです。

When Jesus died on the cross , the curtain of the temple torn in two from top to bottom. The bible said the curtain was torn from the top to the bottom. It is not from the bottom to the top. The way from the top means the revelation way that is the way from God. It is not the way from the bottom which is the way from work of human. All mankind can enter the Kingdom of God through the grace of Jesus and the faith to Jesus by the love of God.

人間の側の修行や道徳的な行いや学問知識によっては行くことのできない道なのです。これらはすべて下から上に登って行く道なのです。啓示の道と言いますのは、神の側から私たちに差し向けられた道なのです。主イエスは言いました。「私は道であり、真理であり、命である。誰でもわたしを通ってでなければ父の御許に行くことはできない。」(ヨハネ14:6)そしてこのイエス・キリストの十字架の死によって、垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けたことによって起こった出来事が次に記されています。

3.本当にこの人は神の子だった

「すると、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。百人隊長がイエスの方を向いて、そばに立っていた。そして、イエスがこのように息を引き取られたのを見て、『本当に、この人は神の子だった』と言った。」
(マルコ15:38~39)

このイエス・キリストの十字架の死を通してそこに、三つの出来事が記されています。まず第一に、十字架にそばに立っていたローマ兵の百人隊長です。彼は十字架のそばでイエスに顔を向けて、「本当にこの人は神の子だった。」という告白を思わずしました。また、イエスについてきた女性たちがこのイエスの死を遠くから見守っていました。ただし残念ながら、肝心の弟子たちはこの時、どこにもいませんでした。そしてもう一人、今まで自分がイエスの弟子だということを公にしなかった身分の高い議員であるアリマタヤ出身のヨセフが、大胆にもイエスの遺体を引き取りたいと申し出たのです。そしてヨハネの福音書の方には、もう一人隠れた弟子であったあのニコデモも、ヨセフと一緒になって埋葬を申し出ています。

このように不思議な出来事が次々と起こりました。何よりも驚いたことは、イエス様を十字架に付けた張本人の異邦人であるローマ兵が、「この人は神の子だった」と告白したことです。多くのユダヤ人は、「十字架から降りてみろ。そうしたら信じてやる。」と言ってあざ笑っていました。でも神に全く無縁の異邦人であり、かつあの憎い敵国ローマ軍の兵士が信じたのです。他にもローマ兵はいたかもしれませんが、彼だけが「イエスの方を向いて、そばに立っていた。」とあります。

つまり、信仰とはこの十字架のイエスをしっかりと見上げ、このお方に真正面から向き合うことです。このお方に顔を向けることです。そこに聖霊が働かれて、主を告白する力が与えられるのです。十字架の主に顔を向けることです。このお方を見上げることです。これが信仰です。人種や民族や経験や伝統ではありません。誰でも主と向き合うならば、そういう人生を歩みたいと願うならばできるのです。

So even if the centurion who is the stranger and an enemy could confess the faith that this man was the Son of God. The true faith is to stand by the cross and look at Jesus on the cross. The cross of Jesus has a power to save all sinners and to strengthen the hidden Christian to confess publicly.

また15:48にも「アリマタヤ出身で身分の高い議員ヨセフが来て、勇気を出してピラトのところへ行き」とありますように、イエスの十字架は人々に勇気と力を与えます。今目で隠れて従ってきた人々に、公衆の面前に出て「わたしもイエスの弟子です。」とはっきりと宣言する勇気を与えてくださいます。神の救いとは全く縁もゆかりもなかった、異邦人で罪人の張本人とされていたローマ人でさえ、「イエスは神の子です。」と告白させてくださるのです。

イエス・キリストの十字架の贖いによって、すべての罪人が救いへと無条件に招かれているのです。十字架のもとに立って主を見上げる信仰です。その時、その人の罪はことごとく赦され、神の子とされ、永遠の命をいただくことができるのです。それはイエス・キリストはわたしたちの罪の身代わりとなって、罪の罰をすべてその身に負って下さり、見上げるものを無条件で罪を赦され、神の子としての身分を与えて下さったからです。ですから、あのローマの兵士である百人隊長でさえも罪赦されて神の子とされたのです。

今も、あの十字架から罪の赦しを与えて下さる命の水が、全世界の隅々まで流れ続けています。この日本にも、この教会にも時間と場所を越えてとうとうと流れ下って来ています。聖霊様の導きによって、今も全世界にこの福音が鳴り轟いています。今日、わたしたちもこの主の十字架の前に立って、イエス・キリストを見上げようではありませんか。

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional