ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

罪人を招くイエス (ルカ5:27~32)

メッセージ
2019年1月27日富里キリスト教会
「罪人を招くイエス」
(ルカ5:27~32)
1.徴税人レビの決心

今朝は、先週に引き続き弟子の召命のお話です。前回はシモン・ペテロやヤコブ、ヨハネと言った漁師を、主は招かれました。今日は、徴税人を弟子として主がお召しになったお話です。「その後、イエスは出て行って、レビという徴税人が収税所に座っているのを見て、『わたしに従いなさい』と言われた。彼は何もかも捨てて立ち上がり、イエスに従った。」(ルカ5:27~28)

前回のペテロの召命記事とは違って、本当に短い言葉でレビという人が弟子として召されたことが記されています。ただイエスの、「わたしに従いなさい」と言われたら、この人は「何もかも捨てて」従ったのです。「あなたはだれですか?」とか「何をするためについて行くのですか?」とも「ちょっと仕事を片付けてから、家に行って家族に別れをしてから従います。」ということもなく、直ちに、即、イエスに従ったことが記されています。皆さんはどうですか。こんなにイエスに即答してついて行けますか?

なぜ彼がそこまですぐに従うことができたかと言いますと、わたしはやはり、彼が徴税人であったということが一番大きな要因ではなかったかと思います。あのザアカイという人も徴税人の頭でした。そして町のみんなから嫌われていました。おそらくこのレビという人もそうではなかったかと思います。わたしたちは税金を取られても、それは日本の国のために使うお金ですから、自分から納めています。しかし、当時はこの徴収された税金は、ユダヤのために使うのではなく、ローマ帝国のために使われたのです。ユダヤ人は自分たちを支配していた外国人のために税金を取られていたのです。いわば、日本人が払う税金は全部アメリカに持って行かれ、アメリカのために使われていたようなものです。そしてこの税の徴収をローマ帝国は、ユダヤ人に請け負わせていたのです。

ですからザアカイのような人が、税務署の署長になって、決められた税額を同胞のユダヤ人からきっちりと取っていました。ですから彼らは自国民から、憎まれ嫌われていました。男子は14歳から65歳まで、女子は12歳から65歳まで、一人頭いくらという人頭税が定額で課せられていました。他に穀物からは10%、ぶどう酒やオリーブ油からは20%、所得税からは1%、他に道路や港を使う場合は〇%、馬車などを引く家畜にはO%、消費税はO%、通行税はO%といろんな税源がありました。そしてその取り立て方法は徴税人に任せられていましたので、人によってはいくらでも私腹を肥やすことができたのです。

ですから徴税人は、ユダヤ人から見て、同胞を裏切って自分の懐を肥やしている売国奴、盗賊と同じように憎まれ、軽蔑されていました。ユダヤ教の会堂に出入りすることも禁じられていたとあります。礼拝堂が汚れると言われていたのでしょう。このレビもまたその一人でした。マタイ福音書では、この徴税人の名前がマタイと記されています。マルコではアルパヨの子レビとなっていますので、レビは後に、シモンがペテロという名前を付けてもらったように、イエス様からマタイという名前をいただいたのではないかと思います。そしてこの人が、マタイによる福音書を書いたのではないかと言われています。

ですから、この徴税人レビは、親から受け継いだ税の徴収という家業を続けていましたが、自分がユダヤ人から嫌われ、会堂からも締め出されている境遇を、
よしとはせず、自分の人生と境遇に失望していたのではないでしょうか。嫌われた職業、神に見捨てられた家系です。神を信じたくても、社会が自分を赦してくれない、そういう憂いと言いますか、悲しみと悲哀を持った人が、この徴税人レビではなかったかと思います。

彼の心は、真の神はどこにいるのか、自分たちは見捨てられたのだろうかという、心の渇きを持っていたのではないでしょうか。自分が嫌でたまらない、自分の環境も変えられない、そういう一人の渇ける魂を主はご覧になられて、声をかけられたのです。そうでなければ、そう簡単に直ちに従うことができるでしょうか。レビにとっては、この世に何の未練もありませんでした。ですから、「わたしに従いなさい。(follow me)」という一言に、直ちに従ったのではないでしょうか。

Let us read in English. “After this, Jesus went out and saw a tax collector by the name of Levi sitting at his tax booth. “Follow me,” Jesus said to him, and Levi got up, left everything and followed him.”
(Luke 5:27-28) Jesus called him by one word “follow me” and Levi got up and left everything and followed Him. Why did he follow Jesus right away. Can you follow to Jesus after being said one word “follow me” . I suppose that the tax collector was despised by the Jews. They were seemed like robbers and prostitutes by the Jews. They were prevented from worshipping. So tax collector Levi feels sorrows and thirsty in his mind. He would want to worship the real living God. So he responded the calling of Jesus at once. And he got up and left everything and followed him joyfully.

レビという名前はもともと、レビ人とありますように、祭司と一緒に神殿や祭壇に仕える働きをするものです。いわば神殿の祭儀を行う際の公務員のようなものです。もともとは神に仕えるもの、神の側につく者なのです。それが今は落ちぶれて、ローマに仕え、神に背く者となってしまっていたのです。この徴税人レビの心には、どこかに心底、神に仕えたいという欲求があったのではないでしょうか。ですから主に声をかけられて時に、彼は一も二もなく従ったのでした。

「彼は何もかも捨てて立ち上がり、イエスに従った」とあります。英語では、Levi got up, left everything and followed him. となっています。立ち上がったと言うことは、今までの罪の生活に別れを告げたということです。しかも何もかも捨てたのです。シモンは「すべてを捨ててイエスに従った」とありましたが、レビの方は「何もかも捨てて」となっています。こんなに180度の方向転換をする人がいるでしょうか。その悔い改めた証拠を示しているのが次の記事です。

2.イエスのための集会

「そして、自分の家でイエスのために盛大な宴会を催した。そこには徴税人や他の人々が大勢いて、一緒に席に着いていた。ファリサイ派の人々やその派の律法学者たちはつぶやいて、イエスの弟子たちに言った。『なぜ、あなたたちは、徴税人や罪人などと一緒に飲んだり食べたりするのか。』イエスはお答えになった。『医者を必要とするのは、健康な人ではなく病人である。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。』」(5:29~32)

レビ・マタイは何もかも捨てて立ち上がり、イエスに従いました。キリストの弟子となったのです。でもすべてを捨てた割には、彼は何をしたかと言いますと、自分の家を使って盛大な宴会をしたのです。何もかも捨てた人が大宴会を開いているとはいったいどういうことでしょうか。彼は心底悔い改めました。でもこの大宴会は何でしょうか。そこでよく見てください。そこに一言「イエスのために」という言葉が入っています。英語ではLevi held a great banquet for Jesus at his house となっています。For Jesus (イエスのために)という言葉が、彼が心底悔い改めて新しい人生の第一歩を踏み出したことを記しています。

彼が家で開いた大宴会は、イエスのためだったのです。自分のためではありませんでした。仲間のためでも、家族との最後の晩餐でもありませんでした。ただただ、イエスのために開いたのです。彼の人生はこの日から、すべてがイエスのために用いられたのです。今まで不正をして稼いだお金も、全部イエスのために支出したのです。たとえ自分の生活態度や形は変わらなくても、その目的は自分のためではなく「イエスのため」にするようになったのです。

自分の家で、仲間を集めて盛大な宴会を開くとき、それはとりもなおさずイエスのための集会になっていたのです。医者はイエスのために病人を診て、職場の仲間や患者さんを病院に集めるのです。教師はイエスのために教え、子供たちを自分の家に集めるのです。農業をする人はイエスのために野菜を作り、畑に仲間を集めてバーベキュー大会をするのです。レストランを経営している人は、イエスのために料理を作って、ホールに仲間を集めてパーティを開くのです。

わたしたちの教会でも、4か所の家庭で大宴会が続いています。そしてそこで大事なことは、その集まりは、自分たちのためではなく、「イエスのため」だということです。自分の家も、食事も、時間もそして自分自身もイエスのために用いているということなのです。たとえ、弟子になった後の生活の形は変わらなくても、わたしたちの関心事は常にイエス様のためにということです。イエス様に喜んでいただくために、自分の持ち物のすべてを動員して用いて行くことです。中には家のテーブルも部屋も集会用にリフォームした方もいます。仲間や家族に声をかける、人を集める、準備をする、すべてはイエス様のためなのです。人を招いて集会をすることは本当に大変なことです。でもその疲れも苦労も汗も涙も、すべてはイエス様のためなのです。それがこのレビの家の大宴会でした。

There is a proof for his conversion, let us read next. “Then Levi held a great banquet for Jesus at his house, and a large crowd of tax collectors and others were eating with them. But the Pharisees and the teachers of the law complained to Jesus’s disciples, “why do you eat and drink with tax collectors and sinners?” Jesus answered them , “It is not the healthy who need a doctor , but the sick. I have not come to call the righteous, but sinners to repentance”. (5:29-32)
There is a reason for Levi’s repentance. After his decision to follow Jesus, he held a great banquet for Jesus at his house. The word “for Jesus” is very important, for his new life focused everything to Jesus.
The center of his life was changed from “for me” to “for Jesus”. What he will do is for Jesus. His great banquet at his house is for Jesus no for me. His life was changed totally. To have a meeting at our house is a proof for our new living. Levi held a meeting for Jesus not for me , and he invited a large crowd of tax collectors and his sinful friends, and they ate with Jesus. This is a banquet of the heaven. In deed he became a fisherman as well as Peter.

3.罪人の大宴会

そして最後ですが、この宴会の目的な何かと言いますとはっきりしています。イエス様がいちばん喜ばれる供え物、それは最後の言葉です。「わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。」ということです。この家々での集まり、そしてこの礼拝は、正しい人は招待されていないということです。本当の招待客は罪人です。病院へはだれが行きますか、病人です。けがをした人です。健康な人はだれも日赤には行きません。おかしな話です。それと同じように、イエス様のところへ行くのはだれですか?罪人です。正しい人、完全な人、潔癖な人は行く必要はありません。正しい人がイエス様のもとへ行ったらおかしいです。同じように正しい人が教会に来ることもおかしなことです。健康な人が病院に行くみたいなものです。教会は罪人が行くところです。教会学校もスモールグループもそうです。

このレビの家で持たれた大宴会は、気の合った仲間や気心の知れた人々の集まりではありません。また自分は正しい人間だと持っている人も招待されていません。そういう人はお引き取り願いますという場所です。レビの家の大宴は、イエス様のための宴会です。徴税人や売春婦や貧しい人、目の見えない人ばかりが集まって来ていました。イエス様が来られたのは、罪人を招いて悔い改めさせるためです。わたしたちは皆、悔い改めた罪人です。絶えず悔い改めつつある罪人です。教会は罪人の来るところです。それ以外で来る人は、残念ながら招待されていない人です。

At the last Jesus answered to pharisees “It is not the healthy who need a doctor, but the sick. I have not come to call the righteous, but sinners to repentance.” The meeting at Levi’s house is not for good friends and familiar friends but for sinners. Jesus came to this world to call sinners to repentance. The all meeting and banquet and worship is for Jesus and for sinner. We are sinners and this worship is for sinners, if we may say “I am a righteous and perfect.” They are not invited this worship. This place is for the sinners to repent his sins through Jesus’ s blood on his cross. This is the place for whom need to repent his sins as a sinner. Do you recognize your sins and need to be redeemed by Jesus. Jesus saw us and approached to us and said to us “follow me”. What shall we do? Please get up and leave everything behind and follow to Jesus. It is the time to make a decision.

皆さんは、まさにその招待客なのです。正真正銘の罪人なのです。(「私は罪深い者です。」と言い合いましょう) 神なんか関係ない、俺は自分の道を行く、神を神としないで歩いてきた人のことを罪人と言います。でもそういう人が今イエス様に出会って、イエス様の方から目を留めていただき、イエス様に声をかけられ、「わたしに従いなさい。」と言われたのです。罪が赦されたのです。新しい人生を歩むように造りかえていただいたのです。悔い改めるという言葉は方向展開を意味しています。立ち上がりましょう。今までは自分のためでしたが、これからはイエスのために生きるものとしていただいたのです。この喜びの大宴会を、これからのイエス様のために、自分の持てる物のすべてをもって、イエス様のために捧げてゆきましょう。(岡田 久)

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional