ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

教会の紹介

教会の紹介

富里キリスト教会の沿革

富里キリスト教会の歴史は、1978年の成田空港開港にまでさかのぼります。
「国際色豊かに発展する成田・印旛地区にキリストの光を!」という日本バプテスト連盟津田沼キリスト教会の幻により、1979年津田沼キリスト教会の一家庭集会として産声を上げました。
1980年にまず現在地に590坪の土地が与えられ、1984年12月に津田沼キリスト教会の伝道所として宣教が開始されました。そして1987年9月に現在の会堂が建築されました。
伝道所開始から15年の歳月を経て、2000年3月ついに念願の教会組織をすることが出来、日本バプテスト連盟所属の「富里キリスト教会」が誕生し、現在に至っております。

岡田 久 牧師のプロフィール

  • 生年月日とプロフィール
    1948年 5月1日生
    岩手大学農学部卒
    東京神学大学大学院卒
  • 牧師略歴 
    1971年 青森県庁に就職
    1979年 県職員を辞して、東京神学大学3年次編入学、大学院卒業
    1983年 神奈川県相模中央キリスト教会副牧師に就任
    1984年 愛媛県八幡浜バプテスト教会牧師に就任
    1990年 東京都江戸川区篠崎キリスト教会牧師に就任
    2001年 神奈川県横浜市港南めぐみキリスト教会牧師に就任
    2006年 港南めぐみキリスト教会を辞して、川越キリスト教会、東京バプテスト教会にて
           説教とカウンセリングの研修をする
    2008年 千葉県富里キリスト教会牧師に就任
  • どうして牧師になったか
  1.  信仰に導かれるまで
    私は、1948年に青森県の野辺地町という東北の小さな町で生まれました。
    小学校6年生の時の担任の先生が、クリスチャンでした。
    そして、よく自宅に生徒を招いては、『みんな大きくなったら、教会に行きなさい』と言ってくださいまして、私もその言葉を覚えていまして、高校生になってから教会の門をくぐりました。
    そして、高校2年生の時にイエス様を信じました。
    アメリカの南部バプテストから来られた宣教師の方のバイブルクラスに参加しておりまして、その先生がアメリカに帰国する最後のクラスで招きをされました。
    『イエス様を信じる方は、手を挙げて下さい』と言われ、私も今までお世話になったのだからと思い、思い切って手を挙げました。
    すると教会の皆さんが、おめでとう、おめでとうと言ってくださり、あまり救いの確信のないまま、高校2年生のとき、イースターの日に青森バプテスト教会でバプテスマを受けました。
    大学受験のとき、教会の牧師先生が、『岡田君、牧師になるために福岡の西南学院に行かないかね』と勧めて下さいましたが、そのときはあまり職業としては魅力を感じなかったので、国立の大学に進学しました。
    ちょうど日本では、70年の学生運動の激しい時でしたので、私の信仰も社会派的な信仰になって行き、学生YMCAの運動に参加するようになってきました。
    でもこの4年間、三沢の米軍基地にあるカルバリーバプテスト教会の、アメリカ人の婦人達が、私のために奨学金を毎月10ドル(当時360円)、4年間一回も欠かさず送金して下さいました。
    貧しい家庭で育った私は、この奨学金のお陰で無事4年間の学びを終了する事が出来ました。
    大学3年生の時に、父がガンで入院しました。
    あと何日もないことを知った父は、病院のベッドの上で、自分も神様の話を聞きたいと言いました。
    その頃の私の信仰は、人間は生きている間に、どう生きるべきかという、道徳的倫理的な信仰でしたので、今、死期が近づいて死が目前に迫っている者にとっては、福音はあまり意味のないものではないかと考えていました。
    ですから十分な証しも話もしないまま、父は苦しみながら死んで行きました。
    本当に、恥ずかしい限りの信仰でした。
    その後、父が亡くなったため、私は3人の弟と、残された母の面倒をみるために、地元への就職の道を選びました。
    幸い、学生運動をしていた私ですが、神様の助けを得て、青森県の職員に採用されました。
  2.  回 心
    しかし、社会派的な信仰をもっていたために、私は教会という組織に反発して、自分で独立伝道者として教会を作ろうとしました。
    私がいた町は東北の小さな2万人くらいの町で、教会がありませんでした。そこで、クリスマスの夜、一人で町の公民館を借りて市民クリスマス集会を開催しました。
    自分でお金を出して会場を借り、町のあちこちにポスターを張り出しました。そして、一人でストーブをたいて部屋を暖めて、人が来るのを待ちました。
    でも時間になっても誰も来てくれる人がありません。
    窓から外を眺めると、雪が降ってきていました。
    とうとう、誰一人来てくれる人がなく、私は一人で後かたずけをして、がっくりと肩を落として足を引きずりながら、雪の中を家に帰ったのを覚えております。
    このとき、神様にかなづちで頭をガツンとたたかれたような気がしました。お前が伝道をするのではない、私が伝道をするのだと。
    それから私はもう一度、教会の門をくぐり、神の家族のもとに戻ったのです。
    そして、次の年には八戸教会の大川博之先生ご夫妻がきてくださり、私も結婚して妻が与えられ、職場の仲間も参加し始めました。その町で、初めて救われる方、初穂が与えられました。
    その後、毎年この町のクリスマス伝道集会が行なわれ、9年目の私が、献身して東京へ行く最後の年には、90名(3分の2は子供たち)もの参加者が与えられました。
    そして、この交わりの中で、私が伝道者になろうと決心した大きな回心の出来事がありました。
    それは、我が家で行なっていた家庭集会で、一人の兄弟が天に召されました。
    私が友人代表として、教会の告別式の中で弔辞を読むことになりました。
    その弔辞を読む中で、一緒に勉強していたローマ人への手紙6:8「イエス・キリストとともに死んだものはまた、彼とともに生きることを信じる」を引用して読みました。
    その時初めて、この聖書のみ言葉は真実であること、そして友人は棺の中にいるけれども、彼は信仰のゆえに今は生きているのだ、天国に行ったのだという確信がこみ上げてきたのです。
    私はそれ以上、弔辞を読むことが出来なくなりました。
    今ようやく神様が私の目を開いてくださって、御言葉の真実を啓示してくださったのです。
    悲しみの涙ではなく、嬉し涙がとめどなく溢れて、それを止めることが出来ませんでした。
    それ以来、私は礼拝を休むことなく、また遅刻することもなくなりました。
    教会の奉仕を真面目にするようになり、2年後に仕事を辞めて、東京神学大学に入学することが許されました。
    卒業後は、神奈川県の相模中央教会の副牧師をした後、四国の八幡浜教会、東京江戸川区の篠崎教会、そして横浜の港南めぐみ教会と23年間日本の伝道牧会の働きをすることが出来ました。
  • 趣味・特技
    ギター、オカリナ、剣道、映画鑑賞、コーヒー通

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional