ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

成しとげられた (ヨハネ19:28~37)

メッセージ

2015年3月29日富里キリスト教会
「成し遂げられた」
(ヨハネ19:28~37)

1.わたしは渇く

「この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。そこには、酸いぶどう酒を満たした器が置いてあった。人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエスの口もとに差し出した。イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。」(ヨハネ19:28~30)

今まで、主は、「苦しい」とか「痛い」という自分の感情を一切言いませんでしたが、ここに来て、「渇く」という言葉を発しました。つまり主は自分のなすべき業が、成就するまで、ただひたすら、十字架の上で、血を流され、痛みと苦しみを最後の最後まで、御自分の肉体の上に受けられたのではないでしょうか。イエス様がこの世に肉体を取って来られたのは、御自分の肉の上に、私たち罪人が受けるべき一切の責めと罰を受けられ、それを最後の最後まで、担い切るまで、その苦しみを受けなければならなかったのです。

そういう意味では、イエス様はただ単に、「十字架の上で死ぬためにだけ」来られたのではないと思います。死ぬためだけでしたら、苦しませないでひと思いに処刑してしまえばいいわけですから。今日の死刑制度では、絞首刑という一瞬にして死を迎える方法もあります。また、薬物注射をして、死の恐怖も、いの痛みの感じないまま、安楽死をさせるという方法もあるわけです。でも主がこの世に来られたのは、ただ単に死ぬためではありませんでした。むしろご自分の苦しみや痛みを通して、神の裁き、神の懲らしめ、神の罰をその肉体に受けられ、その苦しみを十分に味わうことによって、罪の償いをするために来られたのです。それがこの28節の「イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、『渇く』と言われた。」(19:28)のです。

イエス・キリストに託された罪の贖いの業の全てを、成し遂げられたのです。十分に苦しみを苦しみ抜き、痛みをその身に負い、人々の嘲りを受けることによって、私たちの罪の償いをして下さり、この十字架の苦しみと死によって、主を信じる者を義として下さったのです。イエス様が私たちの身代わりになって苦しんでくださったからこそ、私たちの罪が赦され無罪放免とされるのです。このイエス・キリストの十字架の苦しみと死を、わが罪のために身代わりになって下さったと信じる者を義として下さる神様の恵みが現われたのです。

2.成し遂げられた

実は主は、十字架につけられた最初の時に、兵士から没薬入りのぶどう酒を差し出されました。これは没薬が入っていますから、いわばモルヒネのように痛みを和らげて、苦しむことなく死を迎えることができるよう飲み物でした。しかし、これを十字架につけられた時に差し出されましたが、これを受けませんでした。(マルコ15:23)それは、これから迎えようとしている十字架の上での断末魔のような死の苦しみを味わい尽くすためでした。いわばしらふで、何の麻酔薬もモルヒネも打たないで、その死の苦しみを味わうためだったのです。

そして、約半日間、十字架の上で、痛み、苦しみ、渇きを十分に味わい尽くした後に、全人類の罪を贖うその業が終了したことを宣言するために、「成し遂げられた」と最後に叫ばれたのでした。原語のギリシャ語では、「テテレスタイ」という言葉ですが、これは「あることが終了した」「完成した」「実現した」という意味がありますので、他の聖書も「すべてが終わった。」(口語訳)、「完了した」(新改訳)、「何もかも終わった」(リビング)、「救いの業は完了した」(現代訳)と訳しております。

それは、神の救いの業が、イエス・キリストの十字架の御苦しみを通して成し遂げられたということです。アダム以来の人間の罪が、このキリストの十字架の贖いの業を通して成就されたのです。イエス様が十字架に架かって苦しんで、血を流して、痛みを覚え渇きを覚えて、あらゆる苦しみをその身に負って、ご自身の死をもってその罪に死んでくださらなければ、この世の罪は処罰されなかったのです。しかし、神は御独りの後の肉の苦しみと死によって、その肉の上で、すべての人の罪を処罰して下さったのです。「つまり、神は罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。」(ローマ8:3)

ですから、もはやキリストにある者は、罪赦され義とされた者として、その罪の裁きから逃れて、永遠の命を受け継ぐことができるのです。それは行いによらず、また生まれにもよらず、ただただ神の愛と憐れみによる信仰を通して、恵みとして与えられるものなのです。信仰によって罪赦された者は、永遠に生きるのです。その救いの業が、イエス・キリストの十字架によって成し遂げられたのです。全ての人の罪が、どんな罪でも、過去、現在、未来に渡って赦される永遠の贖いの業が成し遂げられたのです。(ヘブライ9:12)

キリストが死んだということは、すべての人が死んだということです。すなわち全ての人が、このキリストの十字架の死の責任を問われるということです。正しい人はどこにもいません。すべての人はこの十字架の責任を問われるという意味で、すでに死んでいるのです。すでに裁かれているのです。「神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。だから、御子を信じる者は裁かれない。信じないものはすでに裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。」(ヨハネ3:17~18)

3.自分たちの突き刺したものを見る

主が息を引き取られた後に、どんなことが起こったかを見てみましょう。
「兵士の一人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。それを目撃した者が証しており、その証しは真実である。その者は、あなたがたにも信じさせるために、自分が真実を語っていることを知っている。これらのことが起こったのは、『その骨は一つも砕かれない』という聖書の言葉が実現するためであった。また、聖書の別のところに、『彼らは、自分たちの突き刺したものを見る』とも書いてある。」(ヨハネ19:34~37)とあります。

イエス様はすでに死んでおられたので、逃げる心配がないと思われたのでしょうか、兵士がその足を折ることはありませんでした。しかし、一人の兵士が、死んだかどうかを確かめようとして、そのわき腹に、槍を突き刺したのです。するとその傷口から、血と水が流れ出て来ました。

このイエスの腹から流れ出た血と水は何を意味しているでしょうか。医学的には、腹にたまった水、腹水と血液だとされています。しかし霊的な意味では、血は私たちの罪を贖う血潮を意味しています。「血を流すことなしには、罪の赦しはあり得ないからです。」(ヘブライ9:22)罪の赦しを得させる贖いの血潮です。そして、流れ出た水は何を意味しているでしょうか。これはイエスの霊の言葉を意味しております。「わたしが与える水を飲む者は決して渇かない。わたしが与える水はその人の内で泉となり、永遠の命に至る水がわき出る。」(ヨハネ4:14)イエスが与える命の水です。それは生ける神の御言葉、霊の糧でもあります。罪の贖いを宣言し、無罪放免とする十字架の贖いの血と、霊の御言葉がイエスの内から流れ出たのでした。

この十字架の上で流された主の血潮と水は、今も全世界に流れ下り、すべての人々の心に届いております。そして主を見上げ、主の十字架のもとに立ち返って来るものに、救いを得させる良き知らせとなっているのです。「彼らは、自分たちの突き刺したものを見る」とあります。つまり、あの十字架のイエスは、自分たち、あるいは自分がそのわき腹に槍を突き刺した張本人だと思う人への救いのメッセージなのです。

イエスの死後、不思議な事が起こりました。あのローマの百人隊長が、十字架の下で「本当に、この人は神の子だった。」(マルコ15:39)と信仰告白をしました。また、今まで、キリストの弟子であることを公にせず、隠れキリシタンのように、ひそかに心情的に信じていたユダヤの指導者、アリマタヤのヨセフとニコデモという議員が、大胆にも主に遺体を引き取りたいとピラトに申し出ました。(ヨハネ19:38~40)人々の心に主の血潮と御霊が注がれて、彼らは大胆に主の十字架の前で信仰を明らかにしたのです。自分たちの罪が、イエスを十字架につけたと信じて、十字架の主のもとに来たのです。

皆さんはいかがでしょうか。わたしがあのお方を十字架につけたとお思いでしょうか。そして、ヨセフやニコデモのように、思い切って主の遺体を引き取りますと人々の前に自分の信仰を言い表したでしょうか。それとも、あのピラトのように、わたしにはナザレのイエスの十字架の死は関係ないと言って、手を洗って十字架から身を引くでしょうか。あるいはあの大勢の群衆のように、十字架の下に行って、その姿を見て「お前が神なら自分を救え。」と言って嘲るでしょうか。

主の十字架は、今も全世界に掲げられています。どこに行っての十字架は立っています。それはすべての人が、主の十字架の前に来て、十字架を見上げることを主は願っているのです。十字架のもとにこそ、私たちの救いがあり平安があります。ただ、その前に来て主を見上げるだけでいいのです。これが、自分が突き刺したものを見上げる者に与えられている神の救いです。

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional