ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

主のしもべに必ず備えられる助け手 (出エジプト6:28~7:7)

メッセージ
2020/08/23
富里キリスト教会礼拝説教
「主のしもべに必ず備えられる助け手」
(出エジプト6:28〜7:7)

①困難だらけのスタート
先週は、モーセが主ヤハウェ「わたしはある」と語られる神様に召しだされるという場面でした。しかし、モーセはその神様の召命を嫌がるんですね。自信がなかったのでしょう。そんな重い責任は担えない。そう思ったのかもしれません。頑なにいやいやと、私、口下手なんです。勘弁してくださいと断り続けるんですね。なんか情けないようにも見えますが、でも、なんとなく気持ちはよくわかります。
しかし、主なる神様はそれなら口が達者なアロンを遣わすから、彼に語らせなさい。なによりも私があなたとの口と共にいる。あなたを必ず守る。そう約束される神様の言葉を聞き、モーセは覚悟を決め、エジプトに向かうのでした。
しかし、その結果は散々なものでした。最初の出だしは順調でした。モーセとアロンがイスラエルの人々の長老に、主がイスラエルの民を憐れみ、エジプト人の手から救い出し、約束のカナンの地まで導くと言われたことを伝えると、彼らはこの言葉を信じ、神様にひれ伏し、礼拝しました。
めでたしめでたしといきたいところですが、ここからが散々でした。次にモーセはファラオにイスラエルの神が民を去らせなさいと言っていることを伝えますが、王の反応はひどいものでした。

出エジプト5:22
「主とは一体何者なのか。どうして、その言うことを私が聞いて、イスラエルを去らせねばならないのか。私は主など知らないし、イスラエルを去らせはしない。」

もう、ケチョンケチョンですね。取り付く島もないとはこのことでしょう。しかも、ファラオはこのモーセの言葉に苛立ち、さらに頑なになってイスラエルの奴隷に対する重労働をもっと厳しくしたのでした。モーセが動いたことによって状況はさらに悪くなってしまったのです。すると、さっきまで喜び、主を礼拝していた仲間であるイスラエルの民は手のひらを返すように、モーセ達を責め始めました。文句言われ放題です。もう散々ですね。そんな中でモーセは途方に暮れながら、主なる神様の元まで帰ってきました。前置きが長くなりましたが、今日の箇所はそのような状況での神様とモーセとのやりとりという場面なのです。

②信仰者の弱き姿
6:28−30
「主がエジプトの国でモーセに語られた時、主はモーセに仰せになった。『わたしは主である。わたしがあなたに語ることをすべて、エジプトの王ファラオに語りなさい。』しかし、モーセは主に言った。『ご覧のとおり、わたしは唇に割礼のない者です。どうしてファラオがわたしの言うことを聞き入れましょうか。』」

ある意味、モーセはボロボロで最悪の状況でした。しかし、その中でも神様は「私が主である。全てを伝えよ。」と言われます。神様は決してブレません。中々に厳しいですね。Ⅱテモテ4:2の

「御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。」

と言うパウロの言葉が浮かんできます。どんな時でも御言葉を伝えなさいと神様はモーセだけでなく私たちにも語りかけてきます。重く受け止めたいですね。
しかし、モーセはこの主の言葉に対して愚痴ってしまいます。「言ったじゃないか。口下手なんだって。ファラオが聞くわけない。」と。唇に割礼がないと言う表現は、口が重い、口下手ということを表しています。モーセは目の前の苦難に拗ねていました。やれと言われてやってみたものの、すぐに結果は出ずうまくいかない。そういった状況に嫌気がさしてしまったのでしょう。神様の召命を疑い、信頼することができていません。イスラエルを40年引き連れた絶対的リーダーの姿はここには、まだありませんでした。
このモーセの姿を見て皆さんはどう思いますか。決してこの姿を笑うことはできないのではないでしょうか。多くの人間がこのようになってしまうからです。私たちは、神様に召され、選ばれ、救い出されました。そして、その救い出してくださった神様の恵みに応え、神様のために人生をささげ、働き、生きることを決断した者でもあります。しかし、困難に遭うとすぐに萎え、疑ってしまう。そんな弱さを人間は抱えています。私自身も経験がありますし、今後このようにならないようにしてくださいと主に祈るばかりです。

③神の助けⅠ―アロン
しかし、主はそんなモーセの愚痴を咎めません。嘆くモーセを優しく諭すのです。神様は本当にとても憐れみ深く、忍耐強いお方なのです。愛と忍耐のお方が私たちの信じる主なる神様です。
「お前には、雄弁なアロンが共にいるだろ。アロンを用いるようにと言ったじゃないか。お前が全てを背負う必要はない。できないことはやろうとしなくてもいいんだよ。お前はわたしの代理人として私のことばの全てをしっかりとアロンに伝えなさい。するとアロンはそのことばをそのままファラオに伝えてくれる。2段階でファラオに伝えたらいい。大丈夫だ。」
このような感じです。本当に主は憐れみ深いお方です。神様の召しに誠実に応えようとする者には必ず、そこに神の助けがあります。それは、現実に人となって現れます。私にとっては、この富里教会の役員の方々をはじめ、信徒の皆様が私の助け手と言えるでしょう。もちろん、1年と言う期限付きですが岡田先生もそうです。私が着任して5ヶ月を終えようとしていますが、本当に色々ありました。私の力だけでは乗り切ることはできなかったと思います。頼もしい役員の方々をはじめ、信徒お一人お一人の知恵、経験、なにより祈りがこの教会を支え、牧者である私を助けてくれました。わたしにとっては皆さんがアロンです。欠けの多い私にとっては本当に頼もしいことです。
もちろん、時には私が皆さんのアロンとなることもあるかもしれません。きっと私にしかできないこともあるでしょう。牧師であれ、信徒であれ、私たちは主にあって互いに助け合う存在なのです。それが教会です。
主に召され、救い出された私たちは、その召しに応じて働こうとする時、たとえ欠けだらけでも、主が必ずその欠けをサポートする助け手を与えてくださります。だから、恐れず、安心して飛び込みなさいと主は、語られるのです。中々自分の能力的に困難や不安を覚えるような奉仕であっても、そこに主の導きがあると思えるのならば、主を信頼して思い切って踏み込んでみてほしいと思います。そこに必ず助け手が備えられているからです。そして、助けられることもあれば逆に、自分が誰かの助け手となる。そういうこともあります。この人には支えが必要だ。そう思った時には、どうか助け手となってあげてください。

④神の助けⅡ―エジプトのさばき
このように主は、アロンという助け手をモーセに備えました。そして、モーセの嘆きに対する神様の助けはアロンにとどまりません。ただ人を遣わすだけでなく、主ご自身がエジプトに手を下し、さばきをもって、イスラエルの民をそこから救い出すと言われるのでした。アロンという助け手は人間によるサポートです。しかし、それにとどまらず、すべてを治めておられる恐るべき神様ご自身が、動かれるというのです。
ファラオにもイスラエルの民にもけちょんけちょんにやられて、拗ねて、やる気をなくしたモーセに対して主は「モーセよ、恐れなくてもいい。私が動く。お前は私の代わりとして信じて、言われた通りにしていれば大丈夫だ。」このように約束されます。やはり主は憐れみ深いお方です。
そして、それは、イスラエルの民にとっては救いを意味しました。救いのみわざは、人によるものではなく徹頭徹尾、神によってなされるものなのです。しかしこの神のみわざは、エジプトにとっては大いなる審判、さばきを意味するものでした。救いとさばきは表裏一体なのです。

⑤召された者として死ぬまで生きる
7:6−7
「モーセとアロンは、主が命じられたとおりに行った。ファラオに語った時、モーセは八十歳、アロンは八十三歳であった。」

力強くも憐れみ深い主なる神様の約束の言葉を聞き、モーセは立ちあがりました。ここからモーセは全く揺るがなくなっていきます。すでにアロンという助け手を備えるという約束がなされていたことを再確認し、主の言葉の確かさを信頼するようになったからです。力強きリーダーの誕生の瞬間です。
そして、モーセとアロンは主が命じられた通りのことを行なっていくようになります。働かれるのは神様、全ては主がなさるのだ。私はその代理でしかない。神様が言われたことをしっかりと理解して信じてやるだけだ。自分がなにかをするんじゃない。とてもシンプルですが、これこそ信仰者としての謙遜な姿でしょう。主ご自身が民数記12:3で
「モーセという人はこの地上のだれにもまさって謙遜であった。」とおっしゃられていますが、きっとこのような主に命じられたことを忠実に行う姿勢を評価なされたのでないでしょうか。
また、このモーセの謙遜な姿は義人ノアと重なります。ノアも、周囲からどれだけ馬鹿にされても、主が命じられた通りに、細かな点においてまで忠実に実行しました。創世記ではこのノアが主に命じられた通りに行ったということをとても強調して記されています。主が言われることを完全に信頼して、忠実に言われた通りに動こうとすること。これが人としてのあるべき正しい姿なのでしょう。
モーセとアロン。二人が立ち上がった年齢は80と83でした。後期高齢者です。世の支配者である、ファラオにおじいちゃんたち二人が颯爽と立ち向かっていくのです。そこには、ゆるぎない神様への信頼がありました。そしてその信頼に完全に応えられる神の恵み、守りがあったのです。本当にかっこいい姿です。まるで、どこかの映画のワンシーンです。
先週、岡田先生も言われていましたが、主の召しに年齢は全く関係ありません。死ぬまで彼らのように主の召しに応えて生きていきたいものです。モーセは120歳まで生きました。しかも、死ぬ直前まで目はかすまず、体力は失せていなかったとあります。天に召されるまで彼は元気に主のために働き続けたのです。すごいですね。
年を重ねていくと、教会の中での役割というものが変わっていくことがあります。病気などでできなくなることもあるでしょう。無理をする必要はありません。しかし、高齢になっても気力、体力があればその年齢に応じた主の働きというものが必ず与えられるように思いますし、むしろ主のために働くことによって活力が与えられるようにも思います。教会の高齢の方というものは総じて本当に活力に満ちて元気な方が多いです。そこに主の守りがあるのです。本当に尊敬すべき姿です。富里教会もその例に漏れていません。もちろん、若手もしっかり頑張って、見習って主のために働いて成長していく必要もあります。
言いたいことは、死ぬまで私たちは主に召し出され救い出されたものとして、神の栄光を表す、つまり神を愛し隣人を愛していくことを主が望まれているということです。私たちの人生は一歩一歩死に向かっていくのではなく、その死の先におられるイエス様に向かって歩み続けていくものなのです。それが主と共に歩む、キリスト者の幸いです。

◎結
全てのクリスチャンが神様から選ばれ、召し出されています。牧師だけが主の働きをするわけではなく、信徒一人一人に神様から、あなたにしかできない特別なミッションが与えられています。その神様の召しに応えて一歩踏み出すと、欠けだらけのできない自分に嫌気がさすかもしれません。
しかし、私やあなたを召した神様は決してそのまま捨て置かれたりはしません。まず、必ず、あなたを助けてくれる存在、助け手を備えてくださります。そして、なにより主ご自身が直接働いてくださるのです。主の御用というものは神様ご自身が働かれるものなのです。
「あなたはその主である私の代わりでしかないのだ。安心しなさい。私を信頼しなさい。」
そのように神様は語られます。私たちを選んだからには、神様は必ず責任をとってくださります。そして、主のお働きというものは私たちの考えよりもはるかに深いご計画の中でなされます。単純な成功や失敗など見えるものには安易に振り回されず、主に全てをお委ねして、主の言われた通りに行う。つまり、御言葉を素直に受け止め、誠実に実行していく。これを本当に愚直に繰り返し続けていくことを主は望まれていることであり、そこにこそまことの祝福があります。
そして、そのように忠実な謙遜なしもべとして生きていけば、たとえ80歳でも元気に大活躍するということもあるのです。モーセやアロンのように死ぬまで主に召された者として、喜んで主と共に生きていきたいものです。そこにこそ幸いなキリスト者の人生があるからです。20歳であっても40歳であっても60歳でも80歳でも、主に委ねられている今を、共に生きてまいりましょう。

武井誠司

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional