ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

ベツレヘムの星 (マタイ2:1~12)

メッセージ
2016年12月25日富里キリスト教会

「ベツレヘムの星」
(マタイ2:1~12)

1.人間の心の不安の正体

「イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。『ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。」(マタイ2:1~3)

クリスマスのメッセージは、救い主イエス・キリストがお生まれになった、この方はユダヤ人の王であるばかりではなく全世界の王でもあると言う嬉しい知らせです。しかしこの良き知らせを喜ばない人々がいました。それは肝心のユダヤ人、エルサレムに住んでいる人たちでした。しかも一番その知らせを聞いて驚き恐怖に襲われたのが、当時ユダヤの王であったヘロデ大王でした。彼らこそ、自分たちの民族から救い主が生まれると言うことを昔から聞いていた人々でした。

どうしてでしょうか。ヘロデ王は、現在のユダヤの王です。その自分以外に、自分の知らないところで、しかも自分よりも大きな権威と力を持った王が生まれたと聞いたのです。それは自分の地位、自分の権威が危なくなると直感的感じたからです。自分よりも優れた王が来る、自分よりも良い王様だと聞いたとたんに、ヘロデの心は瞬時にして凍りつきました。

自分は二番目、その王の下になると思ったのでしょう。コンプレックスを感じました。いかがでしょうか、皆さんもそう時はないでしょうか。例えば自分より優れた人が来る、能力のある人が来る、自分よりも美しい人が来ると思うとどうしても不安になることはないでしょうか。ソワソワと落ち着かなくなってきて、不安を感じ始めます。自分は認められない、どうしようと思います。

来たるべき王は、決してヘロデを服従させると言っているのではなりません。人々を救うために来たのです。ヘロデすら救おうとして来られたのです。でも彼は不安と恐れを感じました。人は誰でも、人と比較して自分が下位に置かれたりしますと、劣等感を感じます。そして次にどうするかと言いますと、その劣等感をカバーするために、他の弱い人に八当りをしたり、いじめたりして心のバランスを保とうとします。恥と非難の天秤ばかりです。

強い人は恥を感じると、誰か他の人やその相手の人を非難、攻撃したくなるのです。誰かを非難攻撃して心のバランスを保とうとします。その矛先が弱い人や抵抗しない人に向けられます。弱い人はあるいはその人を避けて逃避してしまったりします。自分を責めたりするでしょう。姿を隠したくなります。ここに今日の現代人の持っている心の闇の部分があります。

そして、この残忍な王の取った行動は何だったでしょうか。それは、自分を不安にしているまことの王を自分の手で亡き者にしてしまうことでした。7節に「そこで、ヘロデは占星術の学者たちを密かに呼び寄せ、星の現われた時期を確かめた。そして、『行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう。』と言ってベツレヘムへ送り出した。」とあります。まず嘘をつきました。

そして二番目にヘロデが取った行動は、学者たちが場所を教えないで、帰って行ってしまいましたので、怒り狂って、ベツレヘムの村とその周辺一帯の2歳以下の男の子供を皆殺しにしたのです。(2:16)何人の子供がこのヘロデの不安の犠牲になったのでしょう。ベツレヘムだけではなくその周辺一帯ですから、相当の数の子供が殺されました。想像に絶する恐ろしい殺戮が繰り広げられたのです。人間の不安が引き起こす破壊的な行動です。

2.星を見上げて

ではどうしたらいいでしょうか。せっかくのクリスマスのメッセージも不安を感じてしまう人と、喜ぶ人がいるわけです。9節から読んでみましょう。「彼らが王の言葉を聞いて出かけると、当方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入って見ると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、『ヘロデのところに帰るな』と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。」(2:9~12)

三人の博士たちは、ヘロデからベツレヘムという出生地を聞いて、再びラクダに乗ってベツレヘムの村を目指して出かけました。すると星が彼らを導き、ベツレヘムのとある家の真上に止まりました。ついに星に導かれてきた彼らの長い旅も終わりを告げ、目指すメシア、救い主にたどり着いたのです。そして家に入って、幼子と共にいた母マリヤ夫ヨセフに会い、ひれ伏してその幼子を拝みました。そして持って来た宝の箱を開けて、黄金と乳香と没薬の贈り物を献げました。

そして長い旅の目的を果たして帰ろうとした彼らに、神様が夢で、ヘロデのところによらないで別の道を通って帰るようにとのお告げがありました。今までは星が彼らの行く道を導きました。しかしイエス様と出会ってからは、今度は夢の中で神様からの直接のお告げがあったのです。とうことは、この時から彼らもマリア、ヨセフと同じように主を信じる者となったことを示しています。今までは、本当のことが分からずに、この世の王であるユダヤの王のところへ尋ねて行きました。でも真の神と出会ってからは、別な人生、別な生き方に変えられて帰って行ったのです。

この青年は聖書の中に探し求めていた真理を発見したのです。博士たちは、長い旅の末に、ベツレヘムの村の救い主を見いだしました。博士たちは幼子に、黄金、乳香、没薬の宝物をささげました。これは二つの意味があると思います。一つは、黄金は王への献げ物、乳香は大祭司への献げ物、没薬は十字架にかかられ贖いの死を成し遂げて下さる贖い主への献げ物を意味しています。つまり彼らが献げた宝物から、彼らは御子イエスを、真の王として、真の打大祭司として、真の贖い主として礼拝を捧げたと言うことです。彼らは、自分たちを王とするのではなく、この幼子を王として礼拝を捧げたのです。幼子の前にへり下って膝をかがめました。

これがあの地上の王であるヘロデと全く違う点でした。ヘロデは自分を王としました。博士たちはこの幼子を王として礼拝したのです。自分を王とするのではなく、この幼子イエス・キリストを王とすることです。わたし達の心の中に、この幼子イエス・キリストをお迎えして受け入れることです。そこには静かな平安、喜びがあります。他人との比較も競争もありません。自分を良く見せようとする必要もありません。

しかも三人とも当時は有名な学者です。天文学は共通の分野ですが、それぞれ専門の分野を持っていました。黄金をささげた博士は、鉱山学、工学の専門かです。乳香をささげた博士は化学の専門家です。没薬は、薬学、医学の専門家です。それぞれノーベル賞をもらえるほどの有名な学者たちでした。でも、彼らは決してお互いに競い合うことなく、協力して自分のそれぞれの専門分野を通して真理と命の探求をしていたのです。決して自分こそはノーベル賞を受けるにふさわしい学者だと自分を誇りませんでした。

それはどうしてかと言いますと、それは三人とも、星を見上げていたからです。上を見て自分たちの科学や技術の力の届かない、永遠の神様の真理と命へと思いをはせていたからでした。決して横を見ない、人と比較競争をしない、生き方です。目に見えないお方を見上げていたのです。それが研究者の真実の態度です。ですから彼ら三人は、星に導かれて、真理であり、道であり、命であるお方のもとにたどり着くことができました。自分たちが先を争って、自分の栄誉のために、ノーベル賞を得るための学問ではなく、真理を求め真理の前には謙虚にへりくだる心を持っていました。

ですから三人一緒にいても、お互いに比較をしたり競い合ったりするのではなく、互いに仕え合い、協力をしあって長い旅をして来ることができました。それは彼らの目が常に上を見上げて、天に輝くあの星、ダビデの星を見上げていたからでした。ですから、このクリスマスツリーの一番上には一つの大きな星が輝いています。これはダビデの星、あのイエスキリストの輝きを示すしるしなのです。天地万物すべてのものは、この一つの星のもとに置かれているということを意味しています。このツリーに飾られている金銀宝石の宝物は、そしてこの世界はすべて、キリストの星のもとにあると言うことです。

この星を見上げている限り、分野や性格や民族が違っていても、わたし達は一つになることができるのです。この一つの星から目を離すと、そのとたんにあのヘロデのように、人と自分を比較して他人を見てしまいます。そしてコンプレックスを持ったり、反対に上位に立って自分を誇ったり、他人を支配したりするのです。絶対に、目を横に向けないと言うことです。いつも上を向いて歩きましょう。

上を向いて歩くからこそ、長い人生の旅路も乗り越えて来ることができるのではないでしょうか。足元を見れば逃げ出したくなります。絶望しかねません。でも上を見上げて一つの星の輝きを見上げるならば、どんな暗い夜も、苦しい時も乗り越えて行くことができるような気がします。この光輝く一つの星から目を離すことなく、一歩一歩暗い闇路を歩んで参りたいと願っています。

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional