ようこそ、富里キリスト教会の公式ホームページへ

イエスの復活 (マルコ16:1~8)

メッセージ
2018年4月1日富里キリスト教会
「イエスの復活」(2018)
(マルコ16:1~8)

1.目を上げてみると

「安息日が終わると、マグダラのマリア、ヤコブの母マリア、サロメは、イエスに油を塗りに行くために香料を買った。そして、週の初めの日の朝早く、日が出るとすぐ墓に行った。彼女たちは、『誰が墓の入り口からあの石を転がしてくれるでしょうか』と話し合っていた。ところが、目を上げてみると、石はすでにわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。」(マルコ16:1~4)

This morning Jesus Christ raised up from the dead. Hallelujah!
And He is living among us walking talking healing. Did you notice the two points in this sanctuary. The first is the changing of the word of new year hanging the wall. It changed from “pray continually” to
“live according the holy Spirit”. And second is the changing of the picture of tapestry. It changed from the scene of the Cross to the scene of an empty tomb.

イエス様がなくなってから埋葬までにはたったの3時間しかありませんでした。ですから、女性たちはせめて習わしに従って、香料だけでも塗ってあげたいという思いがあったのではないでしょうか。また聖書では、香料と言いますのは、聖霊様のことを意味しております。ナルドの香油のお話をしました。高価な香油をイエス様の頭におしげもなく注ぎました。それは香油の香りのように神様のもとに届く私たちの祈りを意味しています。

この三人の女性たちは、そういう聖霊によって祈るという信仰を持っていたのです。ですから、何とか香油だけでも塗ってあげたいと思っていました。しかし肝心の墓の石はどうするのでしょうか。かなり大きな石が墓の入り口をふさいでいました。数名の男性でなければこの石を動かすことはできないはずです。でも彼女たちは、自分たちの無力さにもかかわらず、香油を買って墓に行ったのです。「誰が墓の入り口からあの石を転がしくれるでしょうか?」と話し合いながら。この時、肝心の弟子たちは家に隠れて閉じこもっていました。

そして、聖書には「ところが、目を上げてみると、石は既にわきへ転がしてあった。」とあります。つまり、自分たちの目を地面から転じて、上を見上げると、すでにそこには石が転がしてあったのです。これは横穴式のお墓が高い場所にあったので、上を見上げたということではないような気がします。つまり「目を上げる」ということは上を見上げる、すなわち天におられる神様を見上げるということではないでしょうか。自分の目の前にある問題ばかりを見つけていると、できない、不可能だ、誰がやってくれるのだろうかという考えしか出てきません。でも一度視点を変えて神様の方を見上げるのです。天を見上げるのです。そこの解決があるのです。十字架にかけられたイエス様を見上げるのです。主がやってくださるのです。主が行動してくださるのです。

Three women went to the tomb talking that who can roll away that big stone for us. But as they arrived at the tomb the big stone already have rolled away. There is a short sentence that when they looked up.
I thought that “they looked up” means to looked up heaven where raised Jesus was. So it is very important to look up to heaven than to see the earthy problem. When we will look up the heaven, the big stone of problems already rolled away and resolved.

あのローマの百人隊長のように十字架のもとに立って主の顔を見上げるのです。そこに問題の解決があるのです。いや既に問題は解決されていました。あの大きな石のような問題がすでに転がしてあったのです。問題がすでに解決していたのです。彼の心を塞いでいた固い石が取れたのです。心が開かれて十字架の神を見上げたのです。これが「目を上げてみると」ということではないかと思います。ですからもし今、皆さんの目の前にある大きな石(経済問題、親子問題、夫婦の問題、健康問題、職場の問題、将来への不安、死への不安等々)は、わたしたちが目を上げる時に、すでに解決されているのです。

特にこの墓の大きな石と言いますのは、生と死を隔てている石です。この石の向こう側に行ってしまった人と、まだこの世に残っている人との間を隔てている石です。しかし、イエス・キリストの復活の力は、こういう生と死を隔てている動かしがたい断絶というものを取り去ってくださったということです。人間を縛っている死の問題、死後の世界はすでのイエスキリストの復活によって解決済みだということです。死はもはや私たちに何の拘束力もないということです。墓石が転がされ、墓が暴かれたので。墓の中が光り輝いているのです。

This big stone separated the life and the death. But this separating stone was rolled away like the torn curtain of the temple. There is no separation man and God. Jesus Christ has gone to the heaven through his body. So we will able to go to the heaven with Jesus Christ through our faith in Jesus. Any burden of sins and death like this stone cannot crush us. Jesus raised from the death through breaking the big stone and is living among us. Let us walk looking up to Jesus our Savior.

神と人間との隔てがなくなり、生と死との断絶もなくなり、わたしたちは今、光の中に移されたのです。永遠の命にあずかっているのです。死も罪も悪魔も私たちを縛ることはできません。死も罪も悪魔も私たちを押しつぶすことはできません。キリストが死に対して勝利して復活しましたので、わたしたちも復活するのです。死に勝利されて天にお座しておられるお方を見上げましょう。決して下を見てはいけません。(コロサイ3:1~4<P.371>を全員で朗読)

2.行って告げなさい

「墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、婦人たちはひどく驚いた。若者は言った。『驚くことはない。あなた方は十字架につけられたナザレのイエスを探しているが、あの方は復活なさって、ここにはおられない。御覧なさい。お納めした場所である。さあ、行って、弟子たちとペテロに告げなさい。「あの方はあなたがたより先にガリラヤに行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる。」と。』」
(マルコ16:5~7)

三人の女性は、墓の石をわきに見ながら墓の中に入って行きました。すると墓の中には、白く長い衣を着た若者が座っていたとあります。マタイの方では「地震が起こって、天使が石をわきへ転がして、その上に座った。」(マタイ28:2)となっています。いずれにしましても天使が、3人の女性に告げています。「この墓の中にイエスはいない。むしろ弟子たちに告げなさい。『あなたがたより先にガリラヤに行っているから、そこで必ずお目にかかれる。』」と。

The angels said to women “Don’t seek Jesus in this tomb for He is not here. And go , tell the disciples He is living.” This is very important things for believers. To encounter Jesus Christ we should go and tell the people that Jesus is risen. As far as we go and preach Jesus Christ He will encounter us. If we do not have a confidence in belief we may not go to others and tell about His resurrection. The core of faith is the cross and resurrection and encounter with Jesus who is working with us .

多くの場合、信じてバプテスマを受けてもそのうちに信仰の熱が消えてしまう、生きているのか死んでいるのか分からない幽霊クリスチャンになってしまうケースが多いです。パウロは福音の核心についてⅠコリント書でこういっています。「最も大切なこととしてわたしがあなた方に伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、ケファに現れ、その後12人に現れたことです。」(Ⅰコリント15:3~5)と。

つまり福音の核心は、イエス・キリストの十字架と復活です。そしてその次が、この復活の主に出会うことです。多くのクリスチャンはイエス・キリストの十字架と復活は信じていても、まだこの復活の主に出会ったことがないために、勝利のない信仰生活を送っています。「信じているが、まだみ言葉を悟っていないのです。」(ヨハネ20:8~9)本当に信じ悟っていれば、人は黙って入れなくなります。誰かれなく十字架と復活の主を証したくなります。喜んで奉仕します。捧げます。わたしは皆さんがこの復活の主に出会って欲しいのです。そのことのためにここ富里に遣わされました。

信仰に入ったけれど、今一まだよくわからない人は、必死に聖書を読んでいただきたいのです。伝道に励んでいただきたいのです。イエス様は復活されてからもその後40日の間、伝道しました。信仰の弱く鈍い弟子たちのために、何度も何度も復活されて現れて、「ほらわたしだよ、まだわからないのか、悟らないのか」と言って励まし続けました。それがこの40日間です。いわば苦難の40日間です。復活の後が大変だったかもしれません。

いったん群れから離れた人引き戻すのですから。伝道なんかしなくなった人をもう一度伝道の喜びへと引き戻すのですから。40日というのは、苦難の日数です。イエス様は今日復活されて、40日間弟子たちを励まし、信仰を固めさせ、40日後に天に帰って行かれました。そしてそれから10日経った50日目に聖霊が弟子たちに注がれます。今年はこの聖霊後輪日(ペンテコステ)が5月20日になっています。

Jesus had a time of forty days to make His resurrection understand to his disciple. It has been a hard forty days. I agree with His effort. Because it is very difficult job to encourage people with weak faiths and pull back the ones. Anyway we should go and tell the gospels to the world and the people. As far as we go, Jesus encounter us just Mary saw Him on the way to the disciples. This simple two words go and tell are very important word for us Christian. Let us go into all the world and preach the good news to all creation.

大事なことは、そしてこの復活のイエス様に出会うためには、仲間と復活の出来事を分かち合うことです。「イエス様は十字架に架かって三日目に復活したんだよね」とグループで集まって真剣に聖書を学ぶことです。時がよくても悪くても伝道することです。ともかくみ言葉を語ることによって、そこで初めて力が与えられるのです。牧師が伝道しなくなったら、終わりです。牧師が説教をやめたら終わりです。只の人です。説教をすることによって、牧師になり、伝道することによって伝道者になるのです。「芸は人を助ける」のごとくです。

それと同じように、聖書を読むからクリスチャンなのです。伝道するからクリスチャンなのです。祈るからこそクリスチャンと言えるのです。もしこの聖書を読むことも祈ることも伝道もしないクリスチャンは、もはやクリスチャンとは言えません。普通の人です。一般人です。イエス様によって罪を赦されたことを忘れてしまっている人です。「伝道はクリスチャンを助ける。」「祈りはクリスチャンを生かす」「聖書はクリスチャンを育てる」のごとくです。

ですから天使はマリアたちに「行って告げなさい」と言いました。英語では簡単です。「go and tell」です。たったこの二文字です。この天使の言葉に従って、マリアたちが出かけてゆきますと、マタイによる福音書の方では、途中で復活されたイエスが彼女たちに「おはよう」(マタイ28:9)と言って会うのです。ここが大事です。みんなどのクリスチャンでも、復活のイエス様にお会いしたいと思っています。イエス様に現に出会ったならば、自分の信仰ももっと確信を得るに違いないと思います。ですから、この復活の主と出会うためには、まず何よりもGoです。「行く」ことです。そしてTellです。「告げる」のです。復活のイエス様と出会ったことがないという人はこの二つがないのです。GoとTellがないのです。

彼女たちは女でしたが、天使がともかく行きなさいと言ったので、急いで弟子たちのところに走って行きました。そうしましたら、なんとその途中でイエス様が現れて、彼女たちに「おはよう」と言ったのです。そんなのんきに挨拶している場合でもないにもかかわらず、「おはよう」と声をかけてくださったのです。この主の顕現と言葉に励まされて、彼女たちは仲間のところへ行きました。そして主が復活したことを伝えました。そうしましたら、そこにまたイエス様が現れてくださったのです。彼女たちこそ、世界で初めての復活の主の宣教師になったのです。

この単純な、GOとTELLのあるところに必ず、復活の主は現れてくださるのです。出会ってくださるのです。皆さんも復活の主にお目にかかりたいと思いませんか?。今この礼拝の場に蘇られた主が、聖霊様と共に満ち満ちておられます。わたしたちの間に、この交わりの中に主は生きて働いてくださっています。この復活の主の事実を、この世に向かって宣べ伝えてゆきましょう。

「あの方は、あなたがたより先にガリラヤへ行かれる。かねて言われたとおり、そこでお目にかかれる。」(マルコ16:7)異邦の地ガリヤ、未開の地ガリラヤ、不毛の地ガリラヤです。そこに既によみがえった主が先回りしていっておられるのです。先に主が行ってすでに伝道されているのです。そこで私たちは主にお目にかかれるのです。イエス様が、現にいてくださり、共に働いてくださっているのです。ですから、「全世界に出て行ってすべての造られたものに、福音を宣べ伝える」(マルコ16:15)のです。そして信じてバプテスマを受けるものは、みな救われるのです。わたしたちの罪のために十字架に架かり、三日目に甦られた主は今も生きておられます。この主を見上げてこの年も、主の霊の導きに従って歩んでまいりましょう。

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional